探偵事務所に与えられる権限

探偵事務所に与えられる権限

探偵事務所にはさまざまな調査依頼が寄せられますが、探偵業法と呼ばれる法律が施行されたことで一つの職業だと法的にも認められたものの、そこには特別な権限が国から与えられるというわけではありません。
探偵になるために国家資格は必要ないということからも分かるように、誰でもやる気があれば就ける可能性がある職業であるということから、簡単に権限を与えることもできないため、探偵事務所が行なうことができる調査には限度があります。
ただし、弁護士と関わりの深いところだとある領域までを探偵事務所が請け負って、権限の問題からそれ以上は立ち入れないというところになると弁護士とバトンタッチして調査を進めていくというナイスなコンビネーションスタイルを取っているようなケースもあります。
基本的に、探偵事務所が取り扱うことができる案件は民事によるトラブルが中心となってきますが、人の秘密を調査する仕事であるということから調査をしていく中で犯罪に遭遇するケースというのは意外と多くあります。
そのため、警察から情報提示を求められることも多くありますが、あくまで調査が進んで事件が発覚した場合であり、最初から刑事事件になるような案件の調査をするのはNGなので、テレビやアニメのように華々しく刑事事件を解決するようなことはできません。
また、これは興信所も同じことで調査の内容に少しでも事件性がある場合は警察や弁護士が相談の依頼先になってきます。

関連記事

  1. 探偵事務所の守秘義務
  2. 探偵事務所と法律